Always Security OK ALSOK中京綜合警備保障株式会社

当社について

経営理念

世のため
 人のため 
仲間のため


経営指針

第一の責務

我々の第一の責務は、我々の製品およびサービスを使用して頂く法人、個人、地域社会をはじめとするすべてのお客様に対するものです。
お客様のご要望に応えるにあたり、我々が行う全ての活動は質的に高い水準のものでなければならないのと同時に、
お客様からの注文には迅速かつ正確に応えなければならない。
我々は適正な価格を維持するために製品の開発と人材育成に弛みない努力を継続しなければならない。
そして我々のビジネスパートナーには、適正な利益をあげる機会を提供しなければならない。

第二の責務

我々の第二の責務は、社員とそのご家族に対するものです。
社員一人ひとりが個人として尊重される職場環境を提供しなければならない。
社員の多様性と尊厳が尊重され、安心して仕事に従事できなければならず、仕事を通して目的意識と達成感を得られなければならない。
待遇は公正かつ適切でなければならず、働く環境は清潔で、整理整頓され、かつ安全でなければならない。
社員の健康と幸福を支援し、社員が家族に対する責任および個人としての責任を果たすことができるよう配慮しなければならない。
社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。
能力ある人々には、雇用、能力開発および昇進の機会が平等に与えられなければならない。
我々は卓越した能力を持つリーダーを任命しなければならない。
そして、その行動は公正かつ道義にかなったものでなければならない。

第三の責務

我々の第三の責務は、我々が生活し、働いている地域社会に対するものです。
我々は良き市民として、有益な社会事業および福祉に貢献し、健康の増進、教育の改善に寄与し、適切な租税を負担しなければならない。
我々が所有する施設は災害発生時など必要な時に地域社会に開放するため、常に良好な状態に保ち、環境と資源の保護に努めなければならない。

第四の責務

我々の第四の、そして最後の責務は、我が社の株主に対するものです。
事業は健全な利益を生まなければならない。
我々は新しい考えを試み、将来に向けた投資がなされ、失敗は償わなければならない。
新しい設備を購入し、新しい施設を整備し、新しい製品およびサービスを市場に導入しなければならない。
逆境の時に備えて蓄積を行わなければならない。
これら全ての原則が実行されてはじめて、株主は正当な報酬を享受することができるものと確信する。

行動規範(社訓)

  • 一. 信用

    わたくしたちの警備業務は、
    信用が第一であることをよく認識し、
    常にお得意先はじめ一般社会の信頼に
    こたえるよう努めます。

  • 一. 規律

    わたくしたちは、
    常に警備業法を遵守し、
    規律正しく行動し、
    絶対不祥事故のないよう努めます。

  • 一. 誠意

    わたくしたちは、
    職責の自覚を高め、業務を通じ、
    常にお得意先に対する感謝の念と、
    その繁栄に寄与するよう努めます。

  • 一. 強力

    わたくしたちは、
    常に心身を鍛え、お互い仲よく、
    よき職場環境をつくり強い警備力を保持し、
    社会的役割を完遂するよう努めます。

社長メッセージ

すばらしいふるさとを未来に残すために。

「日本人は安全と水はタダだと思っている。」
今から40年以上前の話になりますが、当時の駐日イスラエル大使館員の言葉として掲載された本が話題にのぼりました。その後わが国は、経済の繁栄を謳歌してきた反面、犯罪の増加、凶悪化、粗暴化等、当時とは比べ物にならないほど、治安を取り巻く環境は変化しています。
当社は1969年に綜合警備保障株式会社の支援のもと、愛知県の安全に貢献することを目的に設立され、常駐警備・機械警備・貴重品輸送等、安全確保に係わる一貫したサービス体制を確立し、地域社会の発展とともに歩んできました。

当社のコーポレートブランドは「ALSOK(アルソック)」ですが、その意味は「ALWAYS-SECURITY-OK いつでも、どこでも、どんな時でも高品質なセキュリティを提供する。」ということで、常にお客様に寄り添い、 「安全・安心」のニーズにお応えする、当社の基本理念を表しています。これからもお客様のご要望にお応えすべく、「ALSOK」の高品質なサービス実現に向けて、社員教育・地域貢献等、あらゆることに挑戦していく所存です。

安全を通じて地域社会の安全と発展に貢献。

地域密着型でなければ、本当の警備保障業務は遂行できないと考えています。なぜなら、地域の警察やコミュニティとの連携なくして、真の安全は確保されないからです。さらに地域社会の発展なくして、企業の存続と繁栄もあり得ません。地域社会と企業とは、いわば一蓮托生の関係。したがって私たちは自らが存続し、繁栄していくためにも、地域社会への貢献を企業目的の第一に掲げ、それを実現すべく努めています。

地域社会の方々に、私たちが企業市民として受け入れていただけるよう、さまざまな地域貢献活動を進め、お互いの信頼関係を築き上げていきたいと考えています。

代表取締役社長 松本 健一郎

会社概要

社名 中京綜合警備保障株式会社
THE CHUKYO SOHGO SECURITY SERVICES CO.,LTD.
所在地 〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目35番1号
電話/FAX 052-252-5110(代表)/052-261-1767
代表者 代表取締役社長 松本 健一郎
従業員数 489名(2021年3月現在)
設立 1969年12月12日
資本金 5,000万円(2021年3月現在)
事業内容
  • 警備の請負とその保障
  • 各種施設の警備および綜合管理業務の請負とその保障
  • 現金、有価証券、貴金属等高価物品および重要書類等の輸送と警備、ならびにこれに伴う一時預り業務の請負とその保障
  • 金融機関等の現金自動預払機、入金機の現金カセットの交換業務およびこれに関連する業務の請負とその保障
  • 各種警備の理論および技術の研究、助言、指導ならびに教育に関する業務の請負
  • 防犯、防火、防災、救急に関する機器およびシステムの開発、製造、販売、賃貸に関する業務
  • 防犯、防火、防災、救急に関する調査、研究、予防計画の立案に関する業務の請負
  • 電気工事、電気通信工事、消防施設工事等、業務に関する工事の請負
  • 生命保険、損害保険代理業
  • 道路交通法に基づく放置車両の確認および標章の取り付けに関する事務ならびに放置違反金に関する事務の請負
  • 医療機器、健康機器の販売、賃貸およびリース
  • 電気通信事業法による電気通信事業
  • 前各号に付帯または関連する一切の業務
加盟団体 一般社団法人全国警備業協会
一般社団法人愛知県警備業協会
名古屋商工会議所
中区安全運転管理協議会
交通安全協会中支部
中区防犯協力会
中区防犯連合協議会
公益社団法人名古屋中法人会
許認可事項 警備業 愛知県公安委員会 認定 第54000070号
高度管理医療機器等販売賃貸業 医安 第1001258号
一般建設業
電気工事業 愛知県知事許可(般-28)第108330号
電気通信工事業
消防施設工事業

Access

  • 地下鉄名城線「矢場町」駅4番出口より徒歩7分
  • 地下鉄東山線/鶴舞線「伏見」駅5番出口より徒歩10分
  • 地下鉄東山線/名城線「栄」駅16番出口より徒歩12分
  • 名鉄瀬戸線「栄町」駅16番出口より徒歩12分
  • 名古屋市営バス名駅17系統「若宮」バス停より徒歩3分
  • 名古屋市営バス中巡回系統「名古屋市美術館東」バス停より徒歩1分

沿革

1969年12月
創業者 林邦男により中京警備保障株式会社設立
1970年1月
常駐警備業務 サービス運用開始(創業第1号の長期契約受注)
1974年8月
警備輸送業務 サービス運用開始
1975年10月
機械警備業務 サービス運用開始
1976年3月
プロ野球警備業務(ナゴヤ球場) サービス運用開始
1978年1月
石油コンビナート防災警備業務(名古屋市港区) サービス運用開始
1978年12月
中京綜合警備保障株式会社(現社名)に社名変更
1985年7月
ATMコーナー自動運行業務『アマンドシステム』 サービス運用開始
1987年12月
松本定道 代表取締役社長 就任(現:相談役)
1989年5月
ATM障害対応業務『コスモシステム』 サービス運用開始
1997年6月
遠隔地画像監視業務『無人駐車場監視システム』 サービス運用開始
2000年3月
新本社ビル(現在地)竣工
2000年4月
量販店向け売上金管理業務『入金機オンラインシステム』 サービス運用開始
2001年4月
多機能型ホームセキュリティ『SOKホームセキュリティ』 サービス運用開始
綜警防護術部 創部
2002年5月
FIFAワールドカップ 横浜会場 警備担当
2003年7月
コーポレートブランドを現在の“ALSOK”に変更
2004年12月
愛知万国博覧会 瀬戸会場 警備担当(~2005年10月)
2006年4月
剣道部 創部
2006年6月
放置車両監視業務受託 (警備業以外の分野への進出)
AED(自動体外式除細動器)販売開始
2007年6月
松本定道 代表取締役会長 就任
松本健一郎 代表取締役社長 就任
2009年8月
ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得
2010年10月
COP10 第10回生物多様性条約締約国会議 警備担当
2012年4月
松本定道 旭日小授章 受章
2012年10月
在日エチオピア連邦民主共和国名誉領事館 開設
『HOME ALSOK Premium(プレミアム)』 サービス運用開始
2013年6月
警送岡崎営業所 開設
2015年10月
『ホームセキュリティBasic(ベーシック)』 サービス運用開始
2017年1月
安全性優良事業所認定証(Gマーク)取得
2019年12月
創業50周年
2020年2月
法人向けセキュリティ「ALSOK-G7」サービス開始
2020年12月
ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
2021年7月
東京オリンピック・パラリンピック 警備担当

ALSOKグループについて

ALSOKグループは国内および海外に事業を展開。
1965年の創業以来、日本の警備業界におけるリーディングカンパニーとして
毎日の暮らしや社会の発展に欠かすことのできない
重要な役割を担っています。

ALSOKのIR情報 ALSOKの主要関係会社一覧

暴力団等反社会的勢力排除宣言

当社は企業として社会的責任を果たすべく、反社会的勢力を排除することをここに宣言します。

中京綜合警備保障株式会社(以下「当社」といいます。)は、人の生命、身体、財産を守る安全産業である警備業を担う者としての自覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めるとともに、治安対策に貢献し、企業としての社会的責任を果すべく、次の事項を基本方針として、暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他の暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人(以下「反社会的勢力」といいます。)の排除に取り組みます。

  1. 当社は、倫理規程、社内規則等に明文の根拠を設け、担当者や担当部署だけに任せずに、代表取締役をはじめとする経営トップ以下、組織全体として反社会的勢力に対応します。
  2. 当社は、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。
  3. 当社は、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と連携して、反社会的勢力の排除に取り組みます。
  4. 当社は、反社会的勢力とは、商品およびサービスの提供その他の取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。
  5. 当社は、反社会的勢力による不当要求を断固拒絶します。
  6. 当社は、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。
  7. 当社は、反社会的勢力による不当要求が事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、透明性のある対応を行い、事実を隠蔽するための裏取引を絶対に行いません。
  8. 当社は、反社会的勢力に対する資金提供を絶対に行いません。

制定日 平成23年12月12日
中京綜合警備保障株式会社
代表取締役社長 松本 健一郎

情報セキュリティ基本方針

中京綜合警備保障株式会社(以下「当社」という。)は、お客様からの信頼を基本とする警備会社として、「信用、規律、誠意、強力」の社訓をもって社業を推進しています。 当社は、警備事業の社会的責任の大きさを重く受け止め、お客様や株主等の期待に応えるため、ここに全社的な情報セキュリティ確保の礎とすべく、情報セキュリティ基本方針を宣言いたします。

  1. 当社は、この基本方針を、役員を含む全従業者、ならびに、保有する全ての情報資産に適用します。
  2. 当社は、法令および契約等の要求事項を遵守します。
  3. 当社は、情報資産管理担当役員の主導の下、情報資産管理体制を整備し、情報資産を適切かつ安全に管理します。
  4. 当社は、役員を含む全従業者に対して、職務に応じた情報資産管理に関する教育・訓練を実施します。
  5. 当社は、情報資産管理について、監査を実施するとともに定期的な見直しを行い、運用の改善を図ります。
  6. 当社は、事件、事故が発生した場合には、迅速に対応して被害を最小限に抑え、再発防止策を講じます。
  7. 当社は、災害等によって事業活動が中断するリスクを最小限にするよう努めます。
  8. 当社は、業務委託先による情報資産の管理が、適切かつ安全に実施されるよう監督します。

制定日 平成27年4月1日
中京綜合警備保障株式会社
代表取締役社長 松本 健一郎

ページトップへ
もどる